募集団形成や説明会、選考会用、内定者の採用ツールとして面白い効果的な作画アニメーション、ゲーム、漫画をグラスルーツ株式会社では制作しています。組み合わせにより貴社オリジナルの採用ツール制作をして差別化します。このページでは応募者に与える影響と組み合わせ事例を提供します。

グラフィックス2.png

3つの採用ツールでこれまでにない体験を

弊社では、企業の採用の募集や選考、内定者教育等で利用できる作画アニメーション、漫画制作、ゲーム制作を推進しています。これまでにない体験を応募者にしていただくことが可能です。 

 

これまでにない体験で差別化を図る理由

 

日本企業が、新卒採用で人材を獲得することは年々難しくなっています。しかし、新卒一括採用することの魅力は、仲間意識の醸成などの側面からメリットもあります。年々難しくなる人材の獲得には、その会社独自の採用手法の確立が必要で、少なくとも他社と同様のことをするのは差別化には繋がりません。弊社の採用ツールは、ただこれを取り入れるだけでの十分なインパクトがあります。

グラフィックス2.png

​3つのインパクト

​【視覚的】(20秒程度の短編アニメ)視覚的に飛び込んできて、記憶に残るという影響です。

【シナリオ】(数ページに及び物語情報)物語によって、感情を動かすことで記憶に残るという影響です。

​【体験】(自分が体験するゲーム)上記のツールと異なり、自分の手を動かし、頭を使って楽しく情報を得るという体験をして記憶に残るという影響です。

3つのこれまでにない影響

​それぞれのツールは、無限の予算であれば、いかなるインパクトも最大化することは可能です。しかし実際には、限られた予算内で、効果的なツールを作成する必要があります。

​左の図表は、弊社が提供する代表的なツールの「おいしいところ」のみを取り出した場合に、どのようなインパクトが得られるかを示したものです。

​アニメ、漫画、ゲームを組み合わせた体験事例

事例1  作画アニメ+漫画で得る募集団形成

応募者に対してアニメで導入アニメを作成します。導入アニメは、物語の導入+その会社のプロモーションになるような内容が良いと思います。例えば、建設会社でしたら、大きなものを作るイメージ、プロジェクトの具体事例で事件発生までを短編アニメで描くのはいかがでしょうか?

 

これを見つつ、エントリーを行なってくれた応募者のみに短編アニメの続きを、漫画形式で見れる設計はいかがでしょう。 例えば、プロジェクトの事件発生をどのように乗り越えたかを再現する漫画です。

 

ポイント!導入は視覚的アニメ+詳細シナリオは漫画

グラフィックス2.png
​本格導入アニメーション制作
mannga.JPG
​導入後のシナリオは漫画で
漫画サンプル.JPG
​導入はWEBの漫画で
トランプカード
​ゲームで魅力的な選考を

事例2  漫画+ゲームでする魅力的な選考会

募集広告時では、漫画で各仕事を漫画形式で紹介していく内容を作成していきます。例えば、住宅販売の会社でしたら、用地仕入れ、設計、販売、施工、アフターフォローなどのイメージです。 これらの苦労と苦労を乗り越えた漫画を描くことで、それぞれの機能を理解していきます。

 

次に、説明会やその前後で体験ゲームを行います。この体験ゲームは、漫画の内容をきちんと読んだ人だけが参加てきるような仕組みを取り入れます。 例えば、各機能がどのようなスキルによって成り立つかなどです。

ゲームでは、各々が各機能を担い、プロジェクトの事件発生に対して、誰がどんなスキルを活用して事件解決をしていくかを検討していきます。

 

ポイント! 詳細シナリオの漫画+得た知識を活用して体験ゲーム

事例3  作画アニメ+ゲームで伝える、インターン、会社説明

次は、募集広告時にはアニメを活用して、視覚的に訴えます。その次は、漫画ではなく体験型のゲームなどを活用していきます。例えば、募集広告時には、物流の事後てあれば、汗をかき、爽やかな夕焼けとセットて1日を終えるシーンのみを想起させるアニメを作ります。

 

次に、説明会前や説明会も兼ねて、体験ゲームを作成します。汗をかき、爽やかに1日を終えられるために必要な1日の業務を取り出し、カードゲームなどで仕事を体験してもらいます。

 

ポイント!導入は視覚的アニメ+より会社を理解するを体験で

少女とクジラのアニメ
​本格アニメ
数字ゲーム
​会社がよりわかるゲーム
ファミリーボードゲーム
​先輩社員と対話できる材料を提供する御社オリジナル人生ゲーム

事例4  ゲームだからできる先輩社員との懇親会

いざ、内定者と先輩社員が会話できる絶好の機会があったとしても、人や組み合わせによって会話が弾まないなんてことがあります。内定者とは、入社前の辞退可能なタイミングでもあることから、企業からすると弾まない会話はリスクにも繋がりかねません。

より確実に会話を弾ませ、お互いを知りたいなら、会社独自の人生ゲーム等を作成して、対話の機会を上手く作り出すことも可能です。

ポイント!先輩との対話なら体験を提供する

採用関連記事はこちら