【外国人うけ最高】外国人への仕事の教え方は多言語漫画を活用して必須事項を徹底する

【外国人うけ最高】外国人への仕事の教え方は多言語漫画を活用して必須事項を徹底する!

この記事は以下のような方を対象としています。

◯外国人に仕事を教えているが、言葉がうまく伝わらず、苦戦している。

◯外国人に仕事を教える方法として、より効率的なやり方を探している。

◯できれば、誰でも同じように外国人に教育できる仕組みや、やり方を考えたい。

外国人への仕事の教え方での困りごとはとにかく言語


弊社では企業の教育担当者様に外国人の仕事を教える上で困りごとを聞くと、ほとんど口を揃えて言葉が上手く伝わらないとききます。


もちろん、その他にもハイコンテクスト、ローコンテクスト文化の違いや、お国柄などにねざす働き方、考え方の違いはありますが、教育を実際にしている人からはとにかく、伝えたいことがうまく伝わらないことが一番の懸念事項のようです。

現場は常に動いているため短期的に成果を出したい!



担当者が何とか携帯電話の変換などを駆使して、外国人に伝えようとしても、中々その意図や背景までをきちんと伝えるのは難しいものです。

一方で、現場は常に動きつづけています。建設業の現場や介護の現場などこのコミュニケーション不足によっては実際の仕事に問題が起きたり、お客様からクレームをうけたりしてしまうこともあるようです。


このような事態を避けるためにも、より短期的に外国人の仕事の教え方をより効率化するアイデアや具体的なやり方が求められています。


 

外国人にきちんと理解してもらう「漫画の教材」



このような問題に対して、弊社では、

現実的に外国人の仕事の教え方を組織的に効率化するためのツールを制作しています。それはオリジナルの漫画の制作です。

漫画が外国人向けの教材として喜ばれるには3つの理由があります。

①外国人には漫画好きが多い

漫画は日本国内のみならず、外国でも人気があることは皆さんご存知なのではないでしょうか。そのファンの多さはとても幅広く、欧米から東南アジアまで幅広く、日本の漫画ファンは存在しているようです。

実際に企業の人事担当者様に聞いでも、日本に行きたい、働きたい理由やきっかけには、漫画で日本を知ったという外国人がとても多いそうです。日本の漫画は、日本を好きになる良いきっかけにもなっているのです。

このようなきっかけを作ってくれた漫画で、会社の仕事を理解できるなら外国人のモチベーションもあがるはずです。

②他言語で漫画を作る

実際に漫画を活用したオリジナル教材を作る場合には、日本語と英語、日本語と中国語など他言語で漫画をつくることが可能です。

漫画を他言語で作ることで、外国人は当たり前に、それも楽しく漫画を読むことができます。


③本格的な漫画家がシナリオ作りから支援

日本の漫画が外国人に好まれるのは、その独特なキャラクターやストーリー性にあるようです。弊社がお客様に漫画を提供する際には、漫画家さんと一緒に企画を検討し、ストーリーを構築していきます。

漫画である魅力は、絵の見やすさだけではなく、感情的に内容を伝えることができる点でもあります。

企業が、教えたいこと、必ず押さえて欲しいことを、ストーリーの中で感情的に伝えることができます。




おすすめの漫画教材活用事例


実際に漫画を他言語で制作したときに、外国人への教育としてどのように活用すると効果的かを紹介します。

①お互いの言葉で同じ漫画を見る

他言語漫画は単に読んでもらうだけでは終わりません。実際の仕事の中で、気をつけて欲しいポイントについては、絵を一緒に観ながら確認していく作業をすることが大切です。

こうすることで、漫画に掲載された範囲のポイントや背景までをお互いがきちんと理解しながら抑えることができるはずです。

②チェックリストも漫画にいれる

何かできて、何ができていないかをより明確にするためには、漫画の中にチェックリストを入れて、常に一つ一つをチェック可能な状態におくこともできます。

いかがでしたか? グラスルーツ株式会社では、企業教育を体験や感情を伴う方法で行うために、企業教育に特化した漫画の制作、アニメの制作、ビジネスゲームの制作やそれらを活用した研修プログラムの提供をしています。

他言語、教育漫画にご興味いただけたら、以下より是非お問い合わせください。



「ジネスゲーム1社1箱を無料で差し上げるサービス」も展開中!以下よりお気軽にご利用ください。


グラスルーツ株式会社のサービス一覧はこちら