アイデア出しミーティング

最近、アイデア出しミーティングのようやものは、数多くやってるような気がします。

ミーティングというと会社では報告会のようなものがあったりもしますが、あまり意味がないなぁと感じます。報告会は、日々行なった方が効率的だし、報告して、次どうするかがとても大事てすね。結局欲しいのは、次の行動のアイデアだったりします。

今日はアイディア出しミーティングの必要性を2つに分けてお伝えしたいと思います。

◼️アイデアはたくさんある方が良いものがでる。

アイデアは、とになくたくさんあることにこそ、意味があります。ほとんどが意味のないアイディアとしても、たまに良いものもでてくるので数を打つことが大切ですね。 

とくに、何かを販売するためのアイデアや、利益を追求するためのアイデアは、出し続けて、つぎからつぎへと実施する癖のようなものが重要だと思います。

少しでも、いいなと思ったら全部やってみるくらいのスピードが求められると思います。

アイデアがだせても、行動に移せないという人もいますから、その場合はきちんと管理して実施を見届ける必要がありそうです。

◼️当事者意識の醸成

アイデアを自分で考えて、自分で言ってもらうと、自分の出した意見になりますから、当事者意識が醸成されていきます。

この意味からも、アイデアだしのときは、たくさんの人からアイデアを出して欲しいものです。

アイデア出しミーティングと呼ぶかどうかは別として、仕事を前にすすめるために、より多くの人とアイデア出しミーティングをやっていきたいですね。