プレゼンスキル向上は事前研修と中間レレビュー、振り返りを

今回は、プレゼンカードをどのようにしたらより効果的に活用できるか?について解説していきます。プレゼンカードは、営業、接客販売の予習等をするための訓練ツールです。これらをより完璧に利用し、自社のモノにしていくためには以下の進め方を推奨しています。

◯カード使い方、事前に必要な考え方

カードをより使いこなすためには、カード開発者の相本さち子さんに直接指導を受けることをおすすめします。具体的に、プレゼンカードの質問は相本さんが仕事の現場で考えてき質問の軸ですが、これらをより深く知るためには、マーケティングの基本的な知識がとても大事です。

◯自社の商品だったらどんな回答例が得られるか

事前研修の組み立ては、複数考えられますが、自社の商品だっらどんな回答を相本さんは導きだすのでしょうか? こんなことも学びのきっかけの一つになるかもしれません。 

◯途中経過をレビューできる機会をつくる。

自社でカードを使い自走して学習する方法を身につけるために、使っている本人が有効性を体感したり、習慣として予習する癖付けが必要です。

これらの機会を自社だけて、つくりだすのはとても大変なことです。弊社の場合でした、カード利用者一人一人に回答に対するアドバイスをしたり、足りない視点をレビューの中で提供する仕組みが可能です。

自社で学習するためにの、助走を一緒にしてもらえるのも弊社のサービスの魅力の一つです。

◯振り返りの機会

質問の軸、回答例は個人の総和ですから、その引き出しは無限にあります。カード学習のレビューを通じて、個人のアドバイスを踏まえて、実践したあとは、組織の知識として定着させるために振り返り会を全体もしくは、少人数チームで行うことがおすすめです。

ここでは、他人はどのような回答をもつか、どのように上手くすすめたかという点にスポットをあと、行動に繋がるヒント、購入に繋がるヒントの両方があるとよいでしょう。

いかがでしたか? 

当然会社様によって、アレンジしながら全体を構築していきます。販売能力、接客能力向上のための具体的施策としてカード学習を是非ご検討ください。