会社のチームで越えるべき壁

こんにちは。今回は会社のチームで越えるべき壁というテーマで、会社のチーム、もっというと組織が本来どのような動き方をしていくと、効率的な会社運営にならりそうかという点で解説していきます。

◯作業分担し、効率を求める

チームになったとに、最も効果を発揮できるのは、作業分担です。作業を分担すれば、集中して同一作業ができることと、作業者の技術が鍛えられていくことで、同じ時間でできる成果物は増えます。

◯個人が苦手な顧客対応をチームで行う

例えば、営業のような職種の場合、コミュニケーションがうまくできない相手が人によってはでてきます。お互いが気持ちの良いコミュニケーションを追求する場合、より相性のよさそうな人がコミュニケーションをとることで、一人では出来なかった幅広い対応を実現することになります。

◯個人では達成できなさそうな目標をチームでのりこえる。

何か新しいチャレンジをする場合、心理的な恐怖心がでてくることがあります。このような場合、チームで実行することで、不安を共有し、恐怖心を和らげながら実行することができます。赤信号みんなで渡ればこわくないという意味です。

◯教え合い、情報を行き来させる

チームでいるということは、行き来する情報量が個人のときよりも多くなります。新たな知識の学習量が多くなることで、一人では思いつかない、アイディアややり方を発見する可能性は高くなるでしょう。

◯傷を舐め合う、励まし合う

もし、仮に1人きりで同じ作業をしていた場合、気持ちが沈んだりすることも当然でてきます。こんな時に、話を聞いてくれる相手がいるだけで、気持ちを前向きにすることができます。これは私達が、社会的に認めてもらいたいという欲求をもっているからです。

◯個人技を鍛える環境作り

チームの力を発揮させるためには、個々人の努力がとても大事です。日々の個人の努力がなければ、ただの集まりになってしまいます。つまり、チームでありつづけるためには、土台作りを意識した環境作りが必要です。

チームの目標以前に、個人がどうありたいか、どんな技術を磨きたいか、こんなことを有限実行できることが、チームを下支えします。

いかがでしたか? チームになると出来ることがたくさん増えます。一方で、チームであり続ける努力を行うことが大事です。

ときには、何故一緒に働いているかを考えて、どうしたら効率的に成果を生むかを考えてみると、意外にできていないことが発見できるかもしれません。