教育制度を利用したゲームの魅力その2質の高いコミュニケーションを

最近発売した新商品、「制度を利用したゲーム」の根幹にあるのは、コミュニケーションの重要性を継続的かつ実践的な取り組みの中で理解すべし!という思いです。

ここ最近でコミュニケーションに関係することで起きていること

◯急速なIT化、DXも含めて

◯コロナによってコミュニケーションの遮断

◯お酒飲まない人が増える

◯お酒飲む場所にいけない

◯会社という場自体の意味が問われる

良いか悪いかは別として、コミュニケーションの機会が減る分、質を高めなければいけません。と言われている気がしています。

コミュニケーションの質を高めていかないと、私も含めて不健康な状態に陥いる可能性を感じてしまいます。それは、孤独感のようなものかもしれません。

こういう孤独感が強くなると、仕事にいきたくなくなったり、辞めたいと思ったりするのではないでしょうか?人によっては給与などよりも重要なことかもしれません。

さて、質の高いコミュニケーションの習得には、以下の条件が必要だと思います。

スキルの習得に関すること。

①スキルの訓練環境。何度もできるか?

②スキルの確認環境。客観的に確認できるか?

③実際に体感しつづけて、メリットを体感する。

これらを体得していくと、質の高いコミュニケーションに変わっていくように感じます。

しかし、3つを満たすに、それ相応の期間と場とサポートが必要になります。弊社が開発するカードは、サポートをする役割です。

カードにサポートしてもらうため、誰がやっても公平です。また、何度でも利用できます。また、遊び感覚が少し含まれるだけで、何となく前向きに捉えられます。

会社のあらゆる場を活用して、コミュニケーションの質を高める取り組みです。