新卒採用で安価(安く)に差別化するツールならアニメ、漫画、ゲームを活用する!選考会編

こんにちは。グラスルーツ株式会社高橋です。今回は、アニメ、漫画、ゲームを活用した新卒採用の選考会の進め方について説明します。これらのツールを活用した、募集団形成、より魅力に思ってもらう。は、別の記事をご覧ください。

◯一次選考会の目的

一次選考会の目的は、企業によっても異なりますが、多くの場合は、明らかにその企業とマッチングしない人が落とされる傾向にあるのではないでしょうか。

ゲームを活用することによって、ある程度は応募者の態度や発言を観察することが可能です。

◯ゲームで入れたい合否判別可能要素

では、具体的にゲームによってどのような要素を見るべきでしょうか?一次選考では、例えば以下の要素を見ていることが多々有ります。

1.椅子の座り方、モノの扱い方が明らかにわるい

2.グループワークへの参加態度に意欲を感じない。

◯選考会でゲームを取り入れる意義

選考会でゲームを取り入れることの企業のメリットは、上記の要素を得やすい環境を作り出しやすいことです。例えば、グループワークを観察することが出来れば、その人の参加態度をある程度わかるでしょう。しかし、応募者はその対策をしていることから、グループワークでは◯◯しようと頭の中で考えています。従って、その人の素の姿が出やすい環境にするためには、単なる議論のグループワークよりも、遊び感覚、ゲーム感覚のあるグループワークを取り入れることで、応募者は夢中になり、結果的に素の姿を出すことに近づきます。

このように、ゲームを活用することで、応募者本来の姿を観察するから機会になりうることが、ゲームを選考に取り入れるメリットと言えます。

◯より、適したゲームのポイント

どの程度の観察をして、どんな要素を見たいかによって異なりますが、私の経験的おすすめは、以下の点を押さえていることです。

1.夢中になれる

夢中になるためには、点数を導入したり、相手に集中する必要があるなどのインセンティブを導入したものです。ただし、競争もその一部に入りますが、グループ内競争は、特定の得意な人だけが競争することもあることから注意が必要です。

2.順番に出来る何かを入れる

選考会では、グループワークの参加の仕方で求めるリーダーシップタイプを見る企業様も多いです。しかし、これは必ずしも素の姿にはならないため、おすすめなのは、順番に何かをしなければいけないゲームを導入することです。

ここでポイントなのは、誰を見るかですが、順番が来て話をしている人ではなく、聞いている態度を観察することがおすすめです。グループワークで、一緒に何かをする場合よりも、気が抜ける瞬間が人の話を聞いているときだからです。

いかがでしたか?応募者の選考をするときに、大事なことは、準備できる賢さと、その人の素の姿です。

弊社のゲームならこの両方を見ることもできますし、片方だけをより重点的に見れるゲームの制作も可能です。

採用で利用する、教育で利用するゲームは、このあたりの視点を持っているかがとても重要で、市販のカードゲーム、ボードゲームとは異なるポイントです。