top of page

理系社員がコミュニケーションを学ぶためのビジネスゲームは2つのゲームを組み合わせる


理系社員がコミュニケーションを学ぶためのビジネスゲームは2つのゲームを組み合わせて得意からはじめて、苦手を探す


今回は理系社員がコミュニケーションを学ぶために最適なビジネスゲームのご紹介をさせていただきます。


この内容は以下のようなお悩みの方におすすめです。


◯理系社員にコミュニケーションを学んでほさいが良い方法がないか悩んでいる。

◯体験的学べる理系社員に合ったビジネスゲームがないか探している。

◯得意なことを起点に不得意なことについて考えて、改善できるような方法が知りたい


理系社員でも必要にかるコミュニケーション能力は必要



理系出身の人で、コミュニケーションが苦手だという理由からできるだけコミュニケーションをとらなくても良ささうな仕事に就きたいと考え人がいらっしゃるそうです。


しかし、近年の仕事環境はコミュニケーションを取らざる得ない環境によりなりつつあります。その背景には以下のようなものがあります。


①仕事の進め方にプロジェクト方なものが多くなる


以前は上司のもとで、決まった仕事を着実にすることが会社全体の生産性をあげることにもつながっていましたが、現在は仕事一つ一つが多品種、小ロット化しています。つまり、お客様の要望に応えていくうちに仕事がより高度になっていると考えることができます。

この高度な仕事に応えていくためには、それに見合った仕事の進め方が必要で、その一つがプロジェクト型の仕事の進め方といえます。

プロジェクト型の仕事ではプロジェクトごとに違う人とコミュニケーションをとるため、コミュニケーションをうまくとらなければいけなくなります。


②プロジェクトは大きくなっていく


更に仕事が高度化していくと、これまで社内だけでしていた仕事を他の会社と組んで提供することが必要になります。

こうなると、これまでの社内だけのプロジェクトを超えて、風土や文化的な違いまでをきちんと理解できるコミュニケーションのあり方が必要になります。



 


理系社員がコミュニケーションを学ぶためにはビジネスゲーム


グラスルーツ株式会社では、ビジネスゲームを活用したコミュニケーションの改善方法を提供しています。とくに、コミュニケーションが苦手そうな理系社員にも以下な点で学びやすいメリットがあります。



①理系社員ほど自分で手を動かし、決定したい


もちろん全員がというわけではありませんが、自分自身で勉強を進めてきたように、何かを自分の手で行い、決めることは理系社員が得意なら領域かもしれません。

ビジネスゲームならこのような特徴とうまくマッチするはずです。なぜなら、ビジネスゲームは自分で体験して決めることの繰り返しだからです。


②コミュニケーションをとるために理由が必要


理系社員は自分で納得したものしか前に進めない場合もあります。コミュニケーションも同様に必要だと感じだ場合したとられません。

ビジネスゲームなら、目的を達成するために必要なコミュニケーションをとるので、納得感も得ながらコミュニケーションをとることができます。



理系社員の教育は得意なことから入り、不得意を見つめ直せるようにする。


グラスルーツ株式会社が開発、提供する「協力ゲームエッセンシャル」なら得意から入り不得意を見つめ直せるような仕掛けがあります。


①理系社員の得意は「地図作成ゲーム」


弊社の開発した「地図作成ゲーム」は49枚のカードを活用してチームで地図を作るビジネスゲームです。

このゲームに必要な能力は、情報を整理して組み立てることです。


情報を整理して組み立るのが得意な理系社員なら能力を活かしてより早く地図を組み立てられるかもしれません。


②理系社員の不得意には「最も安全な道を探せ」です。


次のビジネスゲームは、情報伝達の難しさを体験できるビジネスゲームです。

このゲームの体験は、図形伝達ゲームのように絵の情報を言葉とジェスチャーだけで示す体験です。


言葉とジェスチャーで示すとき、最も大切なことは、何度も挑戦することだったりもします。具体的に相手との認識をすり合わせて、調整していく体験をしていただきます。

この体験は、論理よりも、回数や勢いが求められるため理系社員の方で苦手な方も多いのです。


 

1社1箱無料サービスな1箱を無料でもらえる



グラスルーツ(株)では、今回ご紹介した理系社員にもむいているビジネスゲームを初回に限り1箱を無料でプレゼントしています。

まずは、試してみたい、人数がすくないなどのお客様にはピッタリのサービスです。

ぜひ、ご活用ください。



プレゼントサービス詳細は以下



すぐにプレゼントが欲しい場合は以下より、プレゼント希望の旨を記載し、送信してください。



いかがでしたか。論理的に考えることは得意だけど、人とうまく話せない理系社員にはとてもおすすめのビジネスゲームです。


グラスルーツ株式会社では、ビジネスゲーム、漫画、アニメを利用して、感情を動かして体験できる方法を提供しています。

ご興味ある方は、グラスルーツ株式会社高橋までお問い合わせください。


グラスルーツ株式会社の商品サービス一覧は以下



グラスルーツ株式会社への問い合わせは以下



Comentarios


Los comentarios se han desactivado.
bottom of page