社内でできる研修ゲーム制作のポイントは研修の制約をおさえる

こんにちは。グラスルーツ株式会社高橋です。今回は、研修ゲームを社内で制作するポイントとして、研修そのものの制約を紹介していきます。

私がゲーム制作の支援をするときに、ヒアリングする項目は研修ゲームの目的だけでなく、その前後についても伺うようにしています。例えば、そのゲームは全体のうちのどんな位置づけで利用されるか? 仮に採用で利用するとしたら、どこで採用活動を行なっているか?などです。一見、ゲーム制作に関係なくみえますが、実際には多くの制約条件が生まれていることの方が多いです。

こうした制約条件が、ゲーム制作の後半で微修正で済む範囲で終われば良いのですが、制作の後半でゲーム性に関わっしまうとお客様が多くの時間を失ってしまいます。だからこそ、弊社では、制約条件を予め提示して、少しでも制作効率が良くなるよう努めています。

◯出来るだけ同時におわらせたい

この背景にあるのは、できるだけ手持ち無沙汰な時間をなくしてあげたいという気持ちです。普通、家庭で行うゲームであれば、ゲームで早くあがった人は、ぼーっとしたり、お菓子を食べる休憩タイムかもしれません。しかし、研修という学びの場においては、空いた時間は無駄な時間になってしまいます。

こうした制約がある場合の対応は、

①特定の1人があがりになっても続けられるゲーム性

にする

②全員で一斉にはじめて、一斉に終われる

◯出来るだけ平等に話せる機会が欲しい

これは目的にもよりますが、例えば、個別に話す機会を設けて、どんな話を聞きたいという選考する目的や、あとは平等に機会を与えたいという考えからです。

基本的には、ルールの基に平等なのがゲームですが、ゲーム制作上、役割が偏ってしまうことがあるぼあにも、偏らない設計が求められるといえるでしょう。

◯持ち運びが便利、準備が楽なものが良い

これは、ゲームをやる人に関係ない話ですが、企業が、活用するという視点ではとても大事です。

例えば、準備に時間がかかるタイプ、例えば、aさんには◯を、bさんには△を予め用意するゆうな設計は準備に、時間がかかります。これが、10チーム分ある場合、そのコストは膨大です。こんなときは、

①ランダムに並べれるだけの準備

②ゲームをする人が準備する仕組み

③ゲーム性の中に準備が含まれる

という3つくらいの出口がみえます。

どちらにしても、予めヒアリングをきちんとしてゲームをする人の制約、ゲームを提供する側の制約を分けて洗い出しておくだけでも、よりフィットするゲームになっていくと思います。

教育、採用で使えるゲーム制作はグラスルーツ(株)高橋までご連絡ください。