達成感の重要性

私は、仕事がらある特定の会社でどうしたら定年まで幸せを感じながら日々を過ごせるかについて考えることがあります。もちろん、定年までいることが正しいとか、今の時代はそうじゃないとか、そういうこといいたいのではなくて、1年でも、5年でも、10年でもそのときそのときを充実していた方がいいよねといいたいのです。

それで自分なりに考えてみると、幸せってなんだろうとはじめに躓きます。というのも、本当に今の給与で満足しているか?とか、やりたい仕事につけているか?とか、良い人に恵まれているかと自問自答したときに、ある程度は良くても、欲深いのでまだ物足りないと思ってしまう自分が常にいます。これがずっと続くと残念なことに自分には幸せはやってこないのではないか?と思えてきます。

そこで、私の場合は、幸せが何かを考えないことにしています。考えるだけ無駄だとおもうようにしています。

では、幸せをどのように感じるか?です。

何か一瞬でも自分の中に湧き上がるようなものが、あるときはどんな時か? 私の場合は、自分で決めた目標を達成したときだと思います。

ただ一瞬のことですが、やった!と心の中で思える瞬間です。この一瞬を楽しみに、目標をおいつづけてるように思います。

達成する喜びを求めて、前向きな取り組みに集中すればまた、達成できて嬉しくなります。

少し慣れてしまったら、少し自分には高い目標を作ってしまいます。そうやって自分を追い詰めていくことで、達成した時の楽しみを常に楽しむことができます。