企業向けに、コンプライアン(法令)学習を面白く、楽しく学べるよう、ゲーム等を活用したツール販売や制作受託をしています。

法令順守

ますます求められるコンプライアンス遵守とコンプライアンス教育

コンプライアンスの重要性が近年高まってきています。

しかし、継続的なコンプライアンス学習が必要になっても、コンプライアンス教育の教え方、やり方は画一的な方法で教えられます。そんな中効率の良い学習をするために、e-learningを活用した学習なども当たり前になりつつあります。

しかし、このように学習環境を変えることは、一見効率の良い学習に聞こえますが、学習効果を高めるという側面で考えるとそうとも言い切れません。

​学習効果を高めるためには、学習の動機が必要です。その動機を提供するために、弊社はゲームや漫画などを活用しています。

法令カードゲーム

面白い、楽しいコンプライアンス教育が求められる理由​

①コンプライアンス学習は基本的に面白くない。

当たり前のことですが、コンプライアンス教育は多くの人にとっては、面白いものではありません。面白くないということは、学習の動機がないということです。学習の動機を作るために担当者は多くの努力をします。例えば、身近な事例でコンプライアンスを学習するなどてす。しかし、努力はするものの、長く続けることはとても難しいはずです。

②同じ内容を毎年学ぶ必要がある。

コンプライアンス意識の向上には継続した学習が求められるため、年に複数会、毎年学習する必要があります。意識向上を目的にしているものの、伝えたい内容はほとんど同じですから、従業員の立場で考えると、「また、これか」と声が聞こえてきそうです。こうした声に毎年向き合っていくことになります。

​ご提案 33,000円/4.5名分で買える 36の事例が学べるカードゲーム「無法地帯」

労働基準法
景品表示法
情報漏洩
独占禁止法
​「無法地帯」の実際のカード例
ゲーム専用シート
​実際のゲームで利用するカード専用シート

​【ゲーム概要】

弊社が独自に開発したコンプライアンス学習カードゲーム、「無法地帯」。開発の背景は、コンプライアンス教育には動機を提供する必要があるためです。ゲームにすることで、ゲームに勝ちたいという動機を作り、コンプライアンス事例に触れてはどうかと考えました。また、カードゲームにしたのは、手軽でリスクが少なく、あまり販売されていないこともあり自社制作をすることにしました。

◯ゲームの目的

36種類の包括的な法令違反事例に触れ、事業には多くの側面の法律が関係していること。

◯対象者は、若手から中堅社員向け。

◯所用時間

学習時間は、15分から1時間程度です。進め型により異なります。

◯利用場面

使い方としては、自社の講座で行う場合には、序盤で利用するのが良いでしょう。網羅的な内容となりますので、細かな法律内容、自社の場合の検討などをしてカテゴリーを深めていくことをおすすめします。弊社の講師に依頼をいただく場合でも研修の序盤で利用します。

​このようなカードゲームをオリジナルで制作する場合は、こちらを参照してください。

【遊び方の概要】

1つ目 カテゴリー分けゲーム

36の事例を、チーム内でカテゴリーに分けていきます。

最後にチームでカテゴリー名を発表していきます。

その後、講師は正解の1つとして、法律カードを利用してカテゴリーを伝えていきましょう。

例えば、労務関連、競争関連などです。

2つ目 法律制定ゲーム

カードを引き、1つ目のゲームで知ったカテゴリーに並べていきます。時間ないで、より多くの法律を制定できたチームが勝利チームです。時間内トライアルで、多くの事例を正しくカテゴリーに配置できるかを競うゲームです。

​【購入価格】

1セット=4.5名分  33,000円(税込み価格)

付属品 カード42枚、事例カード36枚、法律6枚、専用シート、サイコロ2個付き

​ご提案 良好な職場環境を描く研修「30の質問ゲーム」~ハラスメント防止の風土形成~

良好な職場環境

【ハラスメント対策に今求められること​】

①何がハラスメントかを知ることはあまり意味がない。

ハラスメント防止措置を企業は求められています。これに対して多くの企業では、ハラスメントとは何かを教えています。厚生労働省の説明によると代表的なハラスメントが明示されていますが、従業員が既に知っている内容です。より、意識を向上させてたい、というのが、本当の目的なはずですが、対策が見えないことから同じ内容を繰り返しがちです。

②良好な職場作りを念頭においた対策が必要。

​弊社では、ツール制作の他、教育検討の視点やテーマを同時に提供しています。ハラスメントというテーマに対して、ハラスメントを起こす原因を失くすという対策の他、例えばそもそも良好職場環境とは何かというテーマを考えることで、ハラスメントの対策にもなり得ます。なぜなら、良好な職場であれば、ハラスメントは起きないはずだからです。

相手を知る質問
相手を知る質問

【そもそも他人のことをどの程度知っているか?​】

良好な職場環境を描くとき、他人のことをでの程度知っているかはとても重要です。知らなければ、自分にとっては良いけれど、相手にとっては良くないという状況ができてしまいます。しかし、多くの場合、仕事に必要なこと以外あまりお互いのことを知らないことが多いです。これは、恥ずかしいことではなく、仕事をしていくためにはそこまでのことが必要とされないことが多いためです

​【相手のことを機械的に、多く知るカードゲーム」

​相手に30ほどの質問をするだけで、多くのことが発見できます。相手の気持ちや考え方を知るために開発したのがこの「30の質問カード」です。

ただ、ハラスメントの定義を知るだけではなく、相手のことがわかるハラスメント教育を行うならぜひ、こちらのカードを利用して研修を実施してみてください。​

【価格】

33,000円/1セット5名分(税別)

​※現在印刷まで若干のお時間をいただいております。お気軽にお問合せください。

​※カードだけの購入も可能ですし、研修実施の委託も可能です。