物流会社、運送会社のトラックドライバーへの安全教育人材育成は弊社独自の漫画冊子、資料で教育を行う。これらの対応は、デジタコの義務化を後押し、飲酒運転を避け、ベテランから若手への技能継承や、採用にも活用できるため業界の地位向上に役立ちます。

都市交通

あとを絶たない物流運送業界の事故原因事例

運送業界では、デジタコの義務化など安全を管理するツールは発展しつづけています。そして仕組みのを活用するトラックドライバーさんへの教育が、企業様の競争力になってくると弊社では考えています。

しかし、それでもなお現場では以下のような事例がおきています。

 

⬜︎ドライブレコーダーで自分が映らないようにする

⬜︎デジタコを高速に設定したままにあえてする

しかしながら、これらをなくす人材の教育は事例の共有を座学で行うという方法から変わっていません。

手袋をつけたドライバー

ドライバーさんが隠してしまう本当の理由

多くの場合、怒られることを怖いと思う気持ちがあるからです。会社としては、怒っているのではなく、叱っているのですが、必ずしもその通り理解してもらえないこともあるでしょう。このようになるのは、会社のせいでも、個人のせいでもありません。

私たちは、それまでの教育環境によるところが大きいと考えています。具体的には、活字が苦手、教えられた経験がないなどの問題があります。

 

これらの問題を解決するためには、その状況に応じた教育手法が必要です。それは、座学で事故事例を伝えるという内容だけでは解決できません。

​トラックドラバーと漫画が高相性な理由

雑誌、漫画と馴染み

①トラックドライバーと漫画は昔からの馴染み

トラックドライバーさんにとっての漫画は過去から現在に至るまでとても近くにいた存在です。多くの時間をトラックの中で過ごすドライバーさんにとって、最も近くにいたのは、会社でも家族でもなく、週刊誌などの漫画かもしれません。

その理由から、もし教材が全部漫画だったら。と思っている運送会社、物流会社の経営者さんは少なくありません。

活字が少ない

②活字か苦手なドライバーさんにも対応

先程もあったように、それまでの教育環境から活字が苦手なドライバーさんは多くいます。だからこそ漫画である必要は大きいと考えています。

漫画は物語と絵と少ない文字で進んでいきます。

酒店

③上から目線ではなく伝わる

乗車前日にお酒を飲みたい、長時間運転で疲労がたまっているようなことがトラックドライバーさんにはあるはずです。こんか状況でも、企業は安全にかんする啓発を辞めるわけにはいかないはずです。このことを上手く伝えるには、ドライバーさんの気持ちを描くことで、上から目線ではなく伝えることができます。

弊社独自のドライバー向け教育漫画資料制作の魅力

電話する男性

失敗事例共有は社内の話しやすさ

失敗事例は誰でも成長の過程で必ずあるものです。しかし、これまで恥ずかしいという理由から失敗事例が共有されることは、ほとんどありませんでした。

しかし、近年、心理的安全性という概念に代表されるように失敗事例の共有は自己開示になることから、社内の話やすさを向上させることがわかってきました。

当然、いきなり漫画だからといって個人名を出すわけではありません。漫画時点では、失敗事例のみを取り扱います。

漫画サンプル.JPG

感情を動かして伝わる漫画

弊社の描く漫画は、その会社特有の事例を取り扱い、その会社の風景がでてきて、当事者の気持ちを代弁する物語を提供します。漫画の絵がついているだけではありません。

だからこそ、トラックドライバーさんが、読み進めることができる漫画となります。この作り方こそ、弊社独自の教育漫画の作り方です。

失敗事例の蓄積

各社の失敗あるある事例を蓄積

冒頭にもあるような失敗あるある事例を弊社は多く、集めています。多くの物流、運送会社さんに、より早く、より品質を上げるためにご提案段階で、いくつかを先回りしてご提案しています。

その提案を踏まえて、さらに貴社の事例を考えるため、よりその会社独自の事例を作り出すことができます。

仕事仲間

仲間意識を醸成する

失敗事例の共有は、若手とベテランとのコミュニケーションの壁をとるきっかけにもなりえます。「何かを見て、同じ気持ちになる。」ことは、同じ目的に従って共に行動することと同じ効果を発揮します。 

つまり、仲間意識を醸成できるということです。

技能の継承などでお悩みの物流会社、運送会社様にもおすすめです。

笑いで失敗をとらえる

笑いで伝える

失敗事例をどのような感情で表現するかですが、その中心は笑いです。

弊社では、失敗事例を面白くして漫画として提供することを手法の一つとして考えています。笑いで失敗を捉えられれば、従業員の間で話題になり、結果的に啓発につながると考えています。

​※あくまでよくある話という意味での笑いです。事故そのものが笑いになることはありません。

物流、運送会社様向け教育漫画資料制作3つのパターン

漫画雑誌を読む

28ページ、B5サイズ、6事例収録タイプの漫画冊子を展開!

 

6つ程度の失敗あるある事例と、ポイント解説のついた漫画教材です。読むに足る最低限のページを活用した漫画冊子事例です。

社内報を読む

​少しづつ始める(4P)

4ページ×4回/年を社内報で展開!

 

社内報等を発行される企業様には、4ページ程度の漫画を、3ヶ月に1度社内報に掲載し、年4回従業員と共有することができます。よりタイムリーなネタを少しづつという企業様におすすめです。

携帯電話で漫画を見る

​今風タイプ

制作した漫画を動画にすれば、携帯電話でみることも可能になります。動画にすることで、若者にもより見やすく、印刷コストを削減することにも繋がります。

大人気タイプ(28ページ)

物流、運送会社向けおすすめブログ