top of page

【状況把握と判断はゲームで】状況把握力を理解してすぐに判断することをビジネスゲームで鍛える

状況把握力を理解してすぐに判断することをビジネスゲームで鍛える


こんにちは。グラスルーツ株式会社の高橋てわす。今回は社会人基礎力の12の要素の一つ、状況把握力の学び方をご紹介していきます。


この記事は以下の方におすすめです。


◯状況把握力とはどんは力かを知りたい

◯状況把握力を鍛える具体的な方法を知りたい

○状況把握力を鍛えられる、体験できるビジネスゲームが知りたい、ほしい


状況把握力とは



状況把握力とは、社会人基礎力のカテゴリ、チームで働く力に必要な力として、状況把握力が定義されています。具体的には、自分と他人、ものごとの関係を理解する力とされています。

チームで働く上で、相手の立場を理解したり、相手にどのように思われているかのも含めた関係を理解する力ととらえることができます。


チームで働く以外でも求められる状況把握力



状況把握力はチームで働くため以外にも必要なビジネスに必須の能力ともいえます。具体的には以下の理由で以前に比べてその重要度が増していると考えることができます。


①環境が変化するスピードが早くなったため


一つ目で最もな理由が環境変化が早くなったことです。企業が利益を出し続けるためには、環境変化に常に対応していく必要があります。変化が早い時代には、変化にともない状況をきちんと把握することが求められます。きちんと今の状況が把握できていなければ、どのような対策を打つべきかや、対策のための行動をとることができなくなってしまいます。常に、状況が変化している前提で変化に意識を向けることが求められます。


②完璧な成果より7.8割の成果をより早くするため


また、環境変化が早くなったことで、成果の出し方が変わってきたといえます。以前はより完璧な計画を立て、それを実行して完成する流れで成果を出そうとしてきましたが、現在は、完璧な計画よりもスピードをより早くするために7.8割の計画、成果物を求め、より早く改善していくことで、よりニーズにあった成果を出していくことが求められています。


③行動の初動がより大切になるため


3つ目の理由は行動の初動の精度がより大切になっているためです。②では、7.8割の成果を求める仕事の進め方の説明をしましたが、もし、同じスピードで実行できるなら、品質や精度は高いに越したことはありません。その時に重要なのは、一番初めの行動です。言い換えると計画といえるかもしれません。

この計画の精度をより高める一つのポイントが状況把握をきちんとするということです。


状況把握力を鍛えるためのおすすめビジネスゲーム


①ウーダループが学べるビジネスゲーム



ウーダループとは、迅速な意思決定と行動を求める考え方です。このビジネスゲームは、複数チームに分かれて、一定時間内で周囲のチームと関わりながらゲームを進めていきます。


このゲームの醍醐味は、常に状況が変化しているためその状況に合わせた対応を、チームで考えてすぐに行動しなければいけない点です。

まさに、上記把握力とは何かや、どのように状況を把握するかを短い時間で体験できるビジネスゲームといえるでしょう。


ウーダループをビジネスゲームで学べる研修カリキュラムはこちら



②地図作成ゲーム


次のおすすめは、地図作成ゲームです。弊社が開発するビジネスゲームパッケージ「協力ゲームエッセンシャル」に収録された2つのビジネスゲームのうちの1つです。

こちらのゲームでも、状況把握力を体験することができます。時間制限の中でチームで地図を作っていく過程では、どこから手をつけたらいいか分からない状況や、チームメンバーがどのような役割を果たすべきかといった状況を常に考えながら実施する必要があります。


地図作成ゲームの詳細はこちら



ビジネスゲーム無料プレゼント


今回ご紹介したビジネスゲームのうち、地図作成ゲームについては、プロが作った本格的なものを1社様1箱は無料プレゼントさせていただいております。

まずは、ビジネスゲームを実施してみたいというお客様にはおすすめの無料サービスです。


1社1箱無料プレゼントサービス詳細



今直ぐに応募したい方は以下より



いかがでしたか? 状況把握力はチームで働くために必要なだけでなく、現在のビジネス環境の中では特に必要な能力といえます。ビジネスゲームを活用すれば状況把握が何かや、そのときの課題なども発見しながら、楽しく学習することができます。

ご興味いただけましたらグラスルーツ株式会社高橋までご連絡ください。


グラスルーツ株式会社のサービス一覧



グラスルーツ株式会社への問い合わせはこちら



Comentarios


bottom of page