top of page

【魅力的な研修ツール制作】会社で「研修苦手」「勉強嫌い」な人に学習してもらうための研修ツール制作はグラスルーツ(株)にお任せ

会社で「研修苦手」「勉強嫌い」な人に学習してもらうための具体的な方法やポイントについてご紹介


こんにちは。グラスルーツ株式会社の高橋です。弊社はビジネスゲームや漫画やアニメを企業の教育や採用に活かす会社です。


今回は会社で研修苦手、勉強嫌いな人にどうしたら効率よく学習しともらえるかを、弊社の仕事とセットでお伝えしていきます。


グラスルーツ株式会社が考える企業の研修・学習の問題は?



私は長年企業のリーダー育成やそのたの人材育成開発、採用の領域で仕事をしてきました。そんな中、最も感じていたことは、日本の企業で働くほとんどの人は、

「社内の教育、研修に意味を感じない」

「忙しいけど、仕方ないから参加する」

と思っているのではないかという現実です。

それにもか関わらず、企業は少しでも教育をして生産性をあげたいという理由から座学を中心としたスタイルの研修を提供してきています。


動機がない、動機を描けないのであれば意味がない


この状況はつまり、参加者に学習する動機がない状態です。動機のない人への情報提供はあまり意味がありません。


一方で社内では、自己研鑽に励み、より学習意欲のある方もいらっしゃいます。こうした方にとっては本来書籍を与えれば勉強するのです。


つまり、多くの企業では残念なことに無駄なことをしている可能性すらありえる状況だといえるのかもしれません。


 


感情と擬似体験という具体的な手法


このような問題意識を感じていたことから、会社の研修が苦手、勉強が嫌いという方向けに、2つの具体的な方法論を見出し、お客様に提供しています。

それは感情を動かすことと、擬似体験です。


①感情を動かすという技術



私達は、小説やエンターテイメントにおいて冒頭から気になり、最後まで見てしまう経験を誰でもしたことがあるはずです。このようになるのは、私達が嬉しい、悲しい、などの感情をストーリーを通じて感じているからです。

もし、これから研修の参加者にそんな気持ちになって取り組んでもらえたら、最後までこちらが伝えたいことを聞いて、自分のものにしてもらえるのではないでしょうか?





②体験を提供するという技術


私達は、自分で選択し、自分の頭で考えたことに対しては真剣に取り組むことができるはずです。その理由は誰でも自分のことが好きなはずだからです。

つまり、学習の設計を上手にすれば、自分で選択し気づけば学習が終わっていたという状況をもたらすことが必要です。


1社1箱なら無料でプロが作ったビジネスゲームをもらえるサービス実施中



 

日本が得意な領域で日本人にもグローバルにも通用する

私達日本の言葉は、オノマトペにみられるように感情表現や雰囲気を重視した言葉です。この曖昧さこそが、日本人にとってしっくりくる感覚なのではないでしょうか。

その意味でも、弊社の手法は日本人に合ったやり方なのかもしれません。

また、私達の独自の感覚はグローバルにも通用するものです。つまり、日本人だけではく、外国人向けの教育方法としても、外国人を惹きつける手法です。


この考え方の結果がビジネスゲームであり漫画であり、アニメを含めたご提案



弊社は、感情と擬似体験を提供できるツールとしてビジネスゲーム、漫画、アニメなどを提供しています。

企業のハラスメント教育、情報セキュリティ教育、各種スキルを伝えるための教育、各階層別教育などにも利用可能な具体的な教育方法です。


採用やマーケティング領域でもつかえる。


また、この2つの手法は社内向けだけはなく、社外への広告としても効果を発揮します。現在は採用領域で活用いただいていますが、あらゆる場面で対象者を惹きつけることが可能です。


これらの手法を支えるのは多様なアイディアと技術です。



これらの手法を形にするために弊社はパートナー企業とお客様の課題解決にあたります。例えば、アニメであれば、作画技術、3Dで表現する技術などです。

これらの技術を活用すれば、例えばメーカーの保有する機械の内部を3Dの動画をつくることもできます。

また、作画技術とデザイン技術を活用すれば、魅力的な研修資料の作成なども可能です。



研修嫌い・学習が苦手な人向けの教育を一緒にはじめましょう!


このように、わかりやすい手法と、それを支える技術を活用すれば企業の教育や採用の場面の多くでこれまでにない取り組みが可能になります。

まずは一緒に話をしながら、どんな取り組みが御社にあいそうかを一緒に考えましょう!


グラスルーツ株式会社のサービス一覧は以下



グラスルーツ株式会社への問い合わせは以下



Comments


bottom of page