工場に従事する従業員には、忙しくて時間がない人でも無理せず、計画的に継続して学べる仕組みの構築や5s活動、面白くルール徹底、QCサークルや高卒者向けにも活用できる教育研修資料、ツール作成ならお任せください。

データ入力

工場で働く人の悩みとは?

工場で働く人のニーズを企業の人事、教育担当者に尋ねると大きく4のニーズや問題があります。その大きた要素は、短時間、徹底、コミュニケーションです。

時計

①時間がない

営業職や、その他職種と比較すると、工場で働く人は時間の融通がききにくいとききます。その理由は、各所から連絡がくる、例えば、上司からの連絡、お客様からかの連絡、その他部門からの連絡などです。そのため、時間を割くのがもっかない、業務遂行に時間を使いたいという傾向があるようです。

清掃用シンク

②専門技能以外は、基礎的なものの徹底

学習内容で最も多いのは、その工場で働くための各種専門技能です。その次にに多いのは、安全、5sの徹底、ISOに従ったルール変更の周知などです。専門技能を除けば、何かと徹底する事項が多くなるのも工場内での教育の特徴と言えるでしょう。

会話

④良好な職場環境、風通しの良い職場環境作り

これらは、ハラスメント防止も含めた、職場のコミュニケーションの大切さをといた言葉で工場では良く聞くキーワードです。とくに多くの従業員のいる工場では、コミュニケーションを良くすることで、離職を防いだり、業務改善をより円滑にする効果を期待しています。

④技能継承

​③技能継承

技能継承は工場では大きな課題です。具体的な問題点として、ベテランと若手のコミュニケーションの仕方の違いから、上手く話せない、結果として技能継承が進まないということが多いようです。

弊社の施策では、短時間、コミュニケーション、徹底することを工場向けの施策では徹底しています。忙しくても学習できる環境を整えていただき、より改善していただきたいと思うからです。

mannga.JPG

①徹底事項へ対応は、動機を作る方法で。

安全、ルール変更などの徹底は、啓発する側面が大きく、従業員の学習動機も低いのが当たり前です。こんなときは弊社の漫画やカードなど、動機を形成する学習手法を用いることで、その学習コストを軽減させていきます。

懐中時計

②短時間が当たり前

弊社では、10分、30分、1時間といた時間感覚を研修するときの基本的な時間感覚としています。短い時間で、いかに集中いただけるか、教材は消化不良を起こさないような内容になっているかの、学習者に最適化させていきます。

当然、研修の料金についても他社とは異なり、1時間1名の料金設定があります。

魚のパズル

③専門的な内容を平易な言葉で。

コミュニケーション関連の研修プログラムは豊富にご用意しております。なかでも、工場で使える内容は、専門的な内容を平易な言葉で、学習ポイントを絞ってお伝えできる内容が豊富にあります。

チェックリスト

④チェックリストや振り返りなどの継続学習

弊社で研修を実施する時に、多くの場合、チェックリストを活用しています。チェックリストは、工場では馴染みの改善手法であり、あえて、リスト化することで、

◯何を学べたのか?

◯今足りないのは何か?

◯3ヶ月後はどえりたいか?

◯3ヶ月後は実際どうだったか?

までをフォローアップしています。

こうすることで、継続して長く意識いただけるため、学習効果があがると考えています。

​工場向けソリューション事例

4コマ
4コマ

動機付け 4コマ漫画にみる研修案内や学習

研修の告知、ルール徹底などに、4コマ漫画を活用することもあります。通常の漫画制作とは異なり、端的に示せるからこそ実際行う研修を視覚的にイメージさせることができます。いつもは、文字だけの資料だけで来る案内が急に4コマ漫画にかわったら従業員は何と思うでしょうか? 違和感を覚える人もいれば、なんだかワクワクする人もいるでしょう。

どちらにしても、動機を形成する弊社独自の手法です。

オンライン研修

1時間オンライン研修ならではのポイント学習

どんなに忙しくても、会議のように参加できる1時間オンライン研修では、1時間で実施可能な内容を都度オリジナルで作っていきます。

例えば、コーチングスキルを学ぶ研修であれば、

1時間 承認のスキル

1時間 質問のスキル(前半)

1時間 質問のスキル(後半)

のイメージです。

深堀1.JPG
事例カード2.JPG

QCサークルや、若手教育なら

カードツールを提供

多くの会社では、QCサークルを実施されています。月に1回の部門別、班別ミーティングなどです。これらの機会は多くの企業様で導入されているため、その機会をうまく活用できる、コミュニケーションツールを制作販売しています。これらの機会の場合は、弊社はツール提供だけにすることで、社内だけで低コストで実現できます。

また、高卒者を採用する場合社内の教育担当が教育する機会もあるはずです。こんなときにも、ツールは活躍します。若手だからこそ、楽しみながら学びたいというニーズにもマッチします。

​工場関連のブログ記事