【研修カリキュラム】部下育成指導をゲーム感覚で体感して学べる研修ならグラスルーツ株式会社のゲーム、体験型研修

こんにちは。グラスルーツ株式会社高橋です。今回は、部下育成指導に関する研修カリキュラムの紹介です。

◼️問題意識

人によって育成指導の考え方、方法にばらつきがある

育成指導をする目的がわからない

育成指導の具体的方法の訓練ができていない

◼️解決策

指導のあり方、目的などの基本を学び、組織の共通言語を作る

育成方法の知識だけでなく、カードを活用して楽しく学べる訓練をする

◼️研修で利用するカード、ゲームイメージ



◼️研修カリキュラム



◼️研修で特に学んで欲しいこと

◯普段の自分の行動を見直すきっかけにする

部下育成指導の研修は、上司、先輩が受講する内容です。どのように指導すべきかを学ぶ中で、わかってくるのは、自分の行動が育成するに足る行動になっているのかという点です。上司、先輩の行動を少し変えるだけで、組織の風土や部下の顔色は変わってきます。その意味では、自分自身を見直すきっかけになるものと考えても良いと思います。

◯計画的、組織的に行う意味

会社、組織は、全てをいきあたりばったりに行うのではなく、計画を立てて着実に成長していく必要があります。それは、組織が利益を追求するものだからです。利益に貢献するための、人材育成と捉えた場合、改善可能なあり方が求められます。

改善可能な状態にするためには、計画的、組織的な育成の考え方が大切です。

◯知るだけでは不十分なので、訓練する


知識だけではなく、それができるかどうかが部下育成には問われます。技術的な部分については、研修の中でカードを活用しながら訓練し、体感することにも重点を置いています。

特に質問し、相手に行動を促す技術は、通常の会話ではなくスポーツなどでも利用される技術です。技術をきちんと身につけられるのは、弊社の体験型研修ならでは内容です。

部下、育成を体感しながら楽しく学べる研修ならグラスルーツ株式会社までお問合せください。