コミュニケーションの苦手意識を克服する

グラスルーツ株式会社高橋です。今回は、コミュニケーションの苦手を克服する、がテーマです。お客様に聞いた話ですが、コミュニケーションに苦手意識を持っていいるため、他人とコミュニケーションが取りにくい人が多いと聞きます。中でも、IT人材、工場ど働く人、その他専門技能を持った人に多くみられるようで、複数のお客様よりお悩みをききます。

コミュニケーションの苦手意識があるからこそ、スキルに依存するような職種、業種を自分でも選んでいるともいえますが、それでも、お客様から悩みが絶えないことには理由があります。 

それは、仕事のプロジェクトがどんどん大きくなるためです。

仕事のプロジェクト範囲が大きいほど、関係者は増えていきます。関係者が増えていくほど、意思疎通の重要性が高まるために、仕事の中でコミュニケーションの意味が増していきます。

では、苦手なコミュニケーションをするためにできる努力にはどんなことがありそうでしょうか? 

◯自分の苦手意識は、どこに向いているのか?

コミュニケーションが苦手という場合、何が苦手なのでしょうか? 例えば、相手に高圧的な態度をとられたら誰でも嫌なはずです。どういう状態になると、自分のストレスが大きくなるのかを自分自身で知ることが大切です。 苦手意識にも、人によって相当なばらつきがあるはずて、このレベル感を自分自身で把握することが、苦手と上手く付き合うポイントです。

◯コミュニケーションフォーマットを組織で決める1

仕事をする時に、作業伝達や報告にあたっては、感情的な内容はほぼ必要ありません。つまり、何を報告するべきかを予め決めておけば、それ以外のコミュニケーションがうまれることもなく、ストレスの可能性を軽減てきるかもしれません。

◯コミュニケーションフォーマット2

仕事別のフォーマットではなく、少し根本のフォーマットになるような例えば、コーチングのスキルなど、コミュニケーション手法を組織的に活用することも非常に大切です。

この場合、より上位の職位の方から順に学習した方が効果的です。

◯意見の違いに慣れる

苦手意識の中て、意見の摩擦によるストレスを受ける場合があるでしょう。しかし、多くな場合、意見の摩擦でらなく意見の違いのことを言っているケースがあります。 こうした場合に有効なのは、違う意見をいうのが当たり前の風土、機会をいかに作れるかです。

研修やミーティングを通じて意見の違いをきちんと示して、日頃かきちんと意見を伝える癖が必要です。同時に意見を言われるということについても同様です。

◯おせっかいする社員さんを作る。

コミュニケーションの重要性は、経験が有ればあるほどその意味がわかってきます。その意味で、既に経験のある人が、コミュニケーションとどう向き合うか、について若手に伝えていくこと、その瞬間瞬間にどう対応するかを口出しするような人材が重要です。

日々の生活の中で、注意される、アドバイスをもらう、こんなことが当たり前になることが大切です。

コミュニケーションは、社会性そのもので、避けて通れません。苦手の克服には至らないまでも、昨年より今年、今年より来年と何か一つ改善できる糸口が見つかることが重要なのではないでしょうか?